Sky Jamboree③当日編

a0212269_2110521.jpg

[会場到着まで] 10時会場、11時30分開演
 朝8時過ぎに車で長崎駅の前を通ったら、結構会場に向かってる人がいたので
 10時出発予定を9時30分に変更。コンビニで飲み物を調達して
 長崎税関の側のコインパーキングに駐車して、タクシーで会場に向かう。
 会場周辺は混雑。10時30分には会場に着いてた気がする…
 入場するのに大行列。
 芝生エリアは結構埋め尽くされてて、比較的後ろの方に場所確保。
a0212269_21102435.jpg


[会場]
・ドコモの電波は入らなかった。最後の方で気まぐれにネットに繋がる位…
 会場待ち合わせや、会場でチケット受け渡しの約束してた人は大変そうだった。
 友達とはぐれても電話すればいいやぁ~が通じない状況。
a0212269_235124.jpg

・各アーティスト持ち時間は30分。セット転換に20分でした。
 5~8曲くらいかなーもっと歌ってーあの曲やってーって名残惜しい。

・芝生エリアはレジャーシートに座ってゆったり聞いたり、
 レジャーシートの上で立って聞いたりとゆったり、
 ライブエリアはノリノリでモッシュにダイブに危険。
 覚悟して行かないといきなり後ろから人が飛んできて
 隣の女の子は飛んできた人の靴が顔面に当たってた…

・この会場マップ終わってから存在に気付いた…早く知ってれば…
 アーティスト物販のコーナーに気付いたのが遅くて、欲しかったTシャツは売り切れてた。

・芝生エリアは日陰が全くない。噴水の周りは木の陰があって、
 みんなお昼寝したり涼んだりしてた。
 私も1時間位は噴水の側で休憩しました。
 さすがにずっと炎天下では最後まで体力持たない…
 
・トイレは15分程並んだかな~。気付いたら早めに並んだ方がいい。
 時間によっては男性もなかり並んだみたい。
 トイレットペーパーも予備もバッチリでした。

・飲食ブースは、角煮まんとかき氷しか食べれなかった。角煮まん美味しかった~♪
 あまり充実はしてなかったと友達談。お弁当・焼きそば・たこ焼き・カレーなどあったかな。
 朝ごはんが遅かったのと、熱中症予防にとにかく水分ばっかり摂ってたから
 それでお腹いっぱいになっちゃった。

・日が沈むと涼しかったので、汗が引いて寒く感じたので
 長袖か全身か覆えるバスタオルなどあればいいかな。

・ゴミの分別がかなり徹底されてて、分別もスタッフの方が教えてくれる。
 会場にゴミが落ちてたりがなくてすごく気持ちがよかった。

[終了後…]
・出口にみんなが殺到しないように芝生エリアの後ろの方から帰ってくださいとアナウンス。
 タクシーの列は凄かったけど、どんどん迎えに来るので30分も待たずに乗れたような…
 タクシーの待つ場所が、ツアーバスの並んでる後ろで排気ガスがダイレクトで凄かった。
 場所は考えて欲しいよねぇ~

[移動手段]
・シャトルバスで行こうか迷ったけど、シャトルバス乗り場の近くの駐車場は
 きっと停めれないだろうと思って、乗り場から離れた駐車場に停めたので
 4人ならタクシーで行っても値段的にもあまり変わらないと思ってタクシーを使った。
 重い荷物もあったので楽ちんでタクシーで行ってよかった!
 
 帰りはシャトルバスもタクシーも行列が凄かったので、
 どちらで行ってもそんなに時間的にも変わらないのかな~

 駐車場代は約2000円(12時間位駐車してたと思う。長崎って駐車場高いよねー)
 タクシーは片道約1700円だったかな…
 長崎税関の側のパーキングからの金額。参考までに…


[宿泊]
・スカイジャンボリーまで2週間切った位に楽天トラベルで予約。
 まだまだ空室はあったけど、徒歩で市街地まで飲みに行ったり観光もできる事。
 ホテルの宿泊料金に駐車場代が含まれてる事(先着順)を考えて『ニュータンダ』に予約。
 オランダ坂入り口の便利な場所で、建物は古いけど部屋は綺麗にお掃除が行き届いてて
 すごく安かったのに広くて大満足でした。
 


土曜日の午前中の仕事を早退させてもらったり、
そんな私の都合に友達3人が合わせてくれたり…
スカイジャンボリー後も本当はもう1泊したかったのに翌日仕事の私に合わせて
深夜に帰宅する強行スケジュールに付き合ってもらったり本当に感謝感謝。

前から行きたかったけど、フェスってお金もかかるし
興味があるアーティストが出ないと意味がないし
(雰囲気味わうだけでも十分楽しいけどね♪)、
何よりも体力にも自信がないとてもじゃないけど行けない。
一緒に行ってくれる友達がいる事がありがたい。
本当にありがとう。最高の思い出!
 
[PR]

by kjmhx863 | 2012-09-03 23:51 | おでかけ  

<< 20th Sunset Liv... 長崎観光 >>