災害ボランティア

今日は龍田陣内4丁目に災害ボランティアに行って来た。
a0212269_19594814.jpg

1週間色々情報を集めたけど、
どうやって現地に行けばいいのか、どんな服装がいいのか、持ち物は‥
実際行った方の情報が少ないので今後行く方の為に‥

あとボランティアで伺った家主のおじちゃんが
『情報発信が足りないんじゃないか』と話していたので‥
今の若者はネットで情報収集するのにもっとネットで情報を発信しないと!と
言われたので微力ながら体験談など‥





服装や持ち物は『熊本市社会福祉協議会』のHPに書いてある通り準備して行きました。
とにかく汚れるので汚れてもいい服装で!
レインブーツと帽子は必須。
長袖長ズボンで行ったけど、短パン半袖の方も結構いました。
コンビ二で塩飴とおにぎりと500ミリのペットボトル3本(スポーツドリンクと水)を
買って行きました。暑いので水分と塩分は多めに持参。
被災地近くのコンビにはボランティアの需要で
おにぎりなど不足してるみたいなので家の近所で調達するのがオススメ。

市電とJRで竜田口まで行って、
この土日の2日間だけ臨時のボランティア受付が設置させてたので、
受付とボランティア保険(無料)の手続きをして
地図をもらってそれを頼りに徒歩で陣内前原公園まで15分ほど歩いて移動。
そこで実際に作業するお宅の地図をもらって、後は家主の指示を伺います。
家主の方がうちは女子でもいいよとか作業によって
ボランティアに来て欲しい人数など要請を出してるみたいでした。

私は高圧洗浄機とデッキブラシで玄関や庭の掃除を。
土砂が積もって敷石が見えてなかったけど4時間作業したら綺麗になった。
力仕事じゃないって言ったら嘘だし、この炎天下で作業するだけでも体力いるので
自信がある方は参加すればいいと思います。
でも女子でも出来る仕事は沢山あった。

午前中のみや、午後からの参加もいいんじゃないかと思います。

東日本大震災の時は義援金を送る以外何も出来なかったけど、
今回はどうしても義援金以外にも何かしなきゃと思って行ったけど
行ってよかったし、また行けたら行きたいな。

まだまだやる事は沢山あるなと感じました。
現場に実際行かないとわからない事が沢山ある。
歩いて現場に行ったら、どれだけ土地が下がってるのかよくわかるし、
1週間たってもまだまだ片付いてないものよくわかる。
重機が未だに入れない地区もあるそうだ

ボランティアって強制する事でもないし、色々自己満足だとか批判もあるけど
自己満足でも点数稼ぎでも野次馬根性でも
1人が動けば確実に綺麗になるんだから行ける人は行けばいいと思う。

休憩中に家主の方から頂いたカキ氷と、帰宅して飲んだビールは最高に美味しかったし、
家主の方に『ありがとう。綺麗になった!』と言われただけで行った意味はある。

大好きな熊本で起こった事です。地元で起こった事です。
今自分が出来る事を考えてみませんかと言うメッセージが
心に響いて行ったボランティアでした。
[PR]

by kjmhx863 | 2012-07-22 19:58 | 日常  

<< 梅雨明け AMBASSADOR >>